従業員とのかかわり

人事制度

 当社では公正な評価・処遇を実現するため、人事考課制度を導入しています。評価結果については、上司との面談を通じて従業員にフィードバックされ、評価の透明性・納得性を高めるように努めています。また、年に一回、従業員自身に職務の目標、遂行状況、問題点などの自己評価に加えて、異動希望や個人の事情などを上司に伝えることができる自己申告制度を設け、上司と部下の意思疎通や相互理解を図っています。

人材育成

 当社では人材を重要な経営資源と捉え、グローバルに活躍できる人材育成を目指すとともに、従業員一人ひとりが能力を最大限に発揮できる環境づくりに努めています。
 日常業務を通じた指導・教育(OJT)を軸に、職責に応じて必要なスキルや知識を習得させる「階層別研修」などの職場外研修(OFF-JT)を実施するほか、資格の取得や語学研修・通信教育などの受講を奨励するなど、従業員の自己啓発も積極的に支援しています。

労働安全衛生


 従業員の安全と健康確保を経営の重要課題に位置付け、安全で衛生的な職場環境の維持・整備に努めています。
 当社では、リスクアセスメントの考え方をもとに、各職場での危険を伴う作業の洗い出しとリスクの見積りを行い、優先順位を付けて改善施策に取り組んでいます。健康面では産業医による個別健康相談やメンタルヘルスなどの従業員向けセミナーを実施し、従業員が健康でいきいきと快適に働ける職場環境に努めています。

ワークライフバランスの推進

 当社では、従業員が仕事と私生活の両立を図りながら能力を最大限に発揮できるよう、ワークライフバランスの取り組みを推進しています。
  従業員が出産、育児、介護などのライフステージにおいても、いきいきと働き続けられる職場を目指し、法定基準を上回る産前産後休暇、育児・介護休業制度や育児を理由に退職した場合の復職制度などを整備しています。また、毎週金曜日を「ノー残業デー」に設定し、定時退社を促進しています。
page top