コーポレート・ガバナンス

 当社は、社会から信頼される企業であり続けるため、効率的かつ透明性の高い経営を目指し、コーポレートガバナンスの向上に努めています。

コーポレートガバナンス・ガイドライン

 当社のコーポレートガバナンスに関する基本的な枠組み及び考え方を「コーポレートガバナンス・ガイドライン」として取りまとめております。コーポレートガバナンス・ガイドラインの内容は下記リンク先をご覧ください。

「コーポレートガバナンス・ガイドライン.pdf 」

コーポレート・ガバナンス報告書

 当社のコーポレートガバナンスの考え方や活動をご紹介します。コーポレート・ガバナンス報告書の内容は下記リンク先をご覧ください。

「コーポレート・ガバナンス報告書.pdf 」

コーポレートガバナンス体制

コンプライアンス推進体制

 当社はすべての事業活動において、企業倫理の徹底と法令順守を基本原則として、コンプライアンス重視の経営を推進しています。
 取締役社長が委員長を務める倫理委員会を設置し、コンプライアンスを確保するための諸施策を審議・決定しています。また、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力との一切の関係遮断を宣言し、反社会的勢力との関係を遮断するための社内体制を整備するとともに、所轄警察署や暴力追放運動推進センター等の外部専門機関との緊密な連携を図っています。

松風グループ行動規範

 グループ従業員一人ひとりが法令や社内規程等を順守し、共通の倫理的な価値観をもって行動するための基準として、「松風グループ行動規範」を制定しています。
 この松風グループ行動規範は、日本語だけでなく、英語、ドイツ語、中国語にも翻訳し、グループ全従業員がこれをもとに日々の業務を推進しています。

内部通報制度

 松風グループ内での法令違反や不正行為の防止に加えて、リスクの早期発見と速やかな是正を図るため、内部通報制度(ヘルプライン)を整備しています。
 社内相談窓口(監査役、人事部長、総務部長、監査室長)及び外部弁護士による社外相談窓口を設置し、通報者への不利益な取り扱いを一切禁止するとともに、通報者が特定されないよう情報の取り扱いにも細心の注意を払っています。


page top