松風歯科クラブ臨床講座

松風歯科クラブ臨床講座
デジタル技術を応用した補綴治療 ―臨床咬合学の視点から―

一般社団法人 熊本県歯科医師会共催

開催地 熊本   受講対象者 歯科医師・歯科技工士

講師

小川 匠 先生
鶴見大学 歯学部 クラウンブリッジ補綴学講座 教授

1989年 鶴見大学 歯学部 卒業
1994年 鶴見大学 歯学部 博士課程 修了
1994年 鶴見大学 歯学部 歯科補綴学第二講座 助手
2004年 南カリフォルニア大学 顎顔面疼痛・口腔内科学 留学(~05年
) 2005年 新ハイテクリサーチセンター 顎口腔機能高次元解析 室長
2007年 鶴見大学 歯学部 歯科補綴学第二講座 助教
2010年 同大学 歯学部 歯科補綴学第二講座 講師
2011年 同大学 歯学部 クラウンブリッジ補綴学講座 講師
     同大学 歯学部 クラウンブリッジ補綴学講座 教授

講演内容

デジタル技術を応用した補綴治療 ―臨床咬合学の視点から―
 近年における歯科医療の変化は、インプラント治療の導入、接着技術の進歩やコンピュータートモグラフィーの普及、CAD/CAMシステムの導入などが追い風となり、より大きいものになっています。CAD/CAM技術の応用からレジンジャケットクラウンによる補綴治療が臨床応用され、臼歯部の審美補綴が保険で治療可能になりました。また、口腔内スキャナーで“サッ”と撮影して一日で補綴装置を装着するといった夢のような治療が現実になってきています。しかし、一方ではCADCAM冠の破折や脱離が生じることが多かったり、口腔内スキャナーを導入したものの、実際は診療室の片隅に置いてある等の相談が散見されるのも事実です。
 また、皆様の診療所を訪れる患者さんは、“痛い”“噛めない”といった主訴を訴えて来院する方が多く、その歯科治療には、あまり変化がないように感じておられるのではないでしょうか。
 そこで今回、日常臨床においてデジタル技術を応用することで変化した補綴の臨床、デジタル技術が可能とする歯科治療の現状と未来について、その一端をご紹介したいと思います。さらに、新たな材料や技術、機器の導入でさまざまなパラダイムシフトが進行している中で、補綴治療における顎口腔機能の改善という視点から、必要な知識や守らなければならない技術とは何か、材料や器械を上手く使いこなすにはどのようにすればいいのか、ということについて、私が日々の臨床の中で感じていることをお話させていただき、皆様と一緒に考える機会になればと考えています。

日時

2018年 9月 2日(日) 10:00~16:00
※本講座は日本歯科医師会生涯研修の10単位を取得できます。

会場

熊本県歯科医師会館/ホール(4F)
熊本県熊本市中央区坪井2丁目4-15

※アクセスの詳細は、熊本県歯科医師会ホームページをご覧ください。

定員

200名
※先着順 (満席になり次第、申し込み締め切りとさせていただきます。)
※8/31 申込みを締め切りました

受講料

■松風歯科クラブ 会員:無料(デンティスト・テクニシャンサークル会員 ご同伴者3名まで無料)
■熊本県歯科医師会 会員:無料(ご同伴者3名まで無料)

※松風歯科クラブ(デンティスト・テクニシャンサークル)へのご入会を検討される方は、入会案内をご覧ください。
 
問い合わせ先
株式会社松風 営業企画課 松風歯科クラブ臨床講座係
TEL.075-561-1279
FAX.075-561-1198
(受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00 ※土日祝を除く)