特長

画質を向上させる大型レンズの搭載

1/1.7インチCMOSセンサーを搭載し、低ノイズでクリアな画質を実現しました。

ノイズの少ないクリアな画質

歯科診療での使いやすさを追求したデザイン

被写体に集中して撮影できる便利機能を多数搭載

距離に応じてフラッシュ光量を自動で 調整するFM調光により、 被写体との距離が変化しても常に一定の露出で 撮影することが可能です。

撮影倍率を選択し、推奨距離に おおよその位置を合わせれば、 撮影距離が多少前後しても同じサイズの 写真を撮影することが可能です。
※オートトリミング有効範囲内での撮影に限ります。
※モードによってはこの機能は使えません。

●歯列の手前から奥までピントが合いやすい

被写界深度が深いためピントの合う範囲が広く、 奥行きのある構図でも鮮明な画像が撮影できます。

●手振れしにくい

※一部のモード、設定を除く

●デンタルライトをつけたまま撮影が可能

外光の影響を受けにくい撮影条件で撮影するため、 デンタルライトによる色調や明るさの影響をほとんど受けません。
※一部のモード、設定を除く

    ●多彩な撮影モード

    ホワイトニング前後やオペ中など、診療シーンに応じてチューニングした8種類のモードをご用意しています。

  • Photo
    標準モード
    一般的な口腔内の撮影に
  • Photo
    低反射モード
    歯面のテカリを抑えた撮影に
  • Photo
    ミラーモード
    ミラーを使っての撮影に その場で画像を反転することも可能
  • Photo
    顔貌モード
    顔貌・胸像の撮影に
  • Photo
    オペモード
    口腔内を離れた位置から撮影可能
  • Photo
    ホワイトニングモード
    歯の色調を明確に撮影可能
  • Photo
    テレマクロモード
    拡大写真の撮影に
  • Photo
    シェード抽出モード
    通常の写真と歯牙以外を 無彩色にした写真の2枚を生成

撮影後の写真整理や加工も簡単

●患者さまの画像管理がしやすい

患者さまのIDを画像に設定することが可能です。
IDを設定するとサムネイルで撮影画像を見たときにIDと日付、時間を記載した画像が生成され、どこからがどの患者さまの画像なのか判別しやすくなります。

松風シュアファイル

パソコン上での写真整理を自動で行えるソフトウェアをご用意。 詳細はカタログ裏面をご覧ください。

★お使いのPCにインストールしてお使いください。

▲ダウンロードはこちらから

※アイスペシャルC-Ⅱ、C-Ⅲで撮影した画像にのみ有効です。
※SDカードをあらかじめアイスペシャルC-Ⅲでフォーマットしていただく必要があります。

患者情報(ID)の入力、松風シュアファイルでの画像振り分けイメージ

(11MB)

撮ったその場で(カメラ内で)撮影画像の加工が可能

●ペイント

写真に文字や図形を描き込むことができ、患者様に簡単な説明を行うなどして活用いただけます。
※描き込んだ画像は別のファイルとして保存することも出来ます。
※ペイント機能で保存される画像は常にVGAサイズ(640×480)になります。

●ミラー反転

後からPCで反転作業を行う手間が省けます。
JPEG圧縮を行う前に反転を行うので、後からPCで反転を行う場合に比べて圧縮ロスを低減可能です。

ページ上部へ戻る