表徴や内部構造の観察に特化した撮影が可能 「松風クロスポラライザー」(別売)

従来よりも詳細に歯牙を観察できるよう、歯牙に映りこむ“テカリ”を限りなくゼロに近づけることが可能な交差偏光フィルター「松風クロスポラライザー」を開発しました。

「クロスポラライズモード」有効化の初期設定を行い、「松風クロスポラライザー」と「クローズアップレンズ」を装着するだけで、撮影が可能です

クロスポラライズモード撮影デモ映像