アイスペシャル C-Ⅲ Q&A

その他のご質問・お問い合わせ

下記メールフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

よくあるお問い合わせ

・製品に関するお問い合わせ

Q1.一般のデジタルカメラとは何が違いますか?

A1.
一般のデジタルカメラと異なり、一定の大きさと配光条件での写真撮影が可能です。
ただし、口腔撮影に特化しているため、撮影できる距離に制限があります。
Q2.何枚撮影できますか?

A2.
充電式ニッケル水素電池(電池容量1,900mAh程度のもの)をフル充電状態から使用した場合で、約350コマ撮影可能です。
※ただし、撮影以外の動作時間が長くなると、その分だけ撮影可能枚数は少なくなります。
Q3.手持ちのSDカードを使用できますか?

A3.
32GB以下の容量のSDカード、SDHCカードをお使いいただけます。なおSDXCカードは使用できません。
Q4.使用できる電池の種類は?

A4.
単3形アルカリ乾電池4本を使用します。充電式ニッケル水素電池も使用可能です。

・ご使用中のお問い合わせ

Q1. 液晶モニターに表示される撮影可能枚数表示が、減らなかったり一度に2コマ減ったりしますが、どうしてですか?

A1.
本機では、JPEG方式に準じた画像圧縮を行って記録しています。
JPEG方式の特徴として、撮影された画像によって圧縮後のデータサイズが変動します。
したがって、撮影可能枚数が1枚ずつ減らないこともありますが、故障ではありません。
Q2. 以前に撮影した画像を再生できません。どうすればいいですか?

A2.
以下のことが考えられますのでご確認ください。
・SDカード内のフォルダ構成やファイル名称が変更されていると、本器で再生できなくなることがあります。
 元の状態に戻してお試しください。
・パソコン上で加工し、保存し直した画像ファイルは、本器で再生できなくなることがあります。
 これらの画像を本器で再生できるように戻すことはできません。
トラブルシューティング
Q1.撮影できない、または再生できない。

A1.
以下の原因が考えられます。
①電池が消耗している
⇒充電残量が十分にある電池を使用してください。
②自動電源OFFが作動した
⇒パワーセーブ状態になってからさらに30分放置すると、自動的に電源がOFFになります。
再度、本器の電源をONにしてください。
Q2.シャッターを半押ししてもピントが合わない。

A2.
以下の原因が考えられます。
①フォーカスモードが「MF」(マニュアルフォーカス)になっている
⇒フォーカスモードを「AF標準」か「AFスポット」に切り替えてください。
②カメラと被写体との距離が撮影可能範囲よりも近すぎる/遠すぎる
⇒撮影可能な範囲内で撮影してください。
Q3.カードを挿入したのに、「カードが入っていません」と表示される。

A3.
以下の原因が考えられます。
SDXCカードを取り付けた。
⇒本器で使用可能なカードはSDカードおよびSDHCカードです。
Q4.撮影した画像が明るすぎる、または暗すぎる。または、ピントが合っていない。

A4.
以下の原因が考えられます。
①シャッターを半押ししてピントを合わせてから本器が前後してしまい、その状態で撮影した。
⇒シャッターを半押ししてピントを合わせてから、本器を前後させないでください。
本器が動いてピントがずれた場合、いったんシャッターから指を離して、再度ピントを合わせてください。
Q5.パソコンでの再生時やプリンターでの印刷時、撮影した画像の色がおかしい

A5.
モニターの設定を調整してください。
本器で撮影した画像は、sRGBの環境で見たときに適切に再現されるよう設計されています。
sRGBで規定されている色温度は約6,500K、ガンマ値は「2.2」です。
設定方法はモニターの使用説明書をご参照ください。
Q6.電源を入れても画面に何も表示されず、赤いパイロットランプが点灯してフリーズする。

A6.
電池が消耗した場合にこのような状態になることがまれにあります。
電池を新しいものに交換してください。
Q7.本器が正常に作動しない。

A7.
本器の電源をOFFにしてから、いったん電池を取り出し、再度電源をONにしてください。
それでも正常に動作しないときは本器の故障の可能性がありますので、お買い求めの販売店にご相談ください。
page top