中期経営計画について

松風グループは、世界の歯科医療への貢献度と市場における存在感を高め、“創造的な企業活動を通じて世界の歯科医療に貢献する”という経営理念の実現に向けて、長期ビジョン「500億円構想」とその具体的取り組みを策定いたしました。

長期ビジョンー"500億円構想"

長期ビジョンー

国内の歯科市場は、総人口の減少やう蝕(むし歯)治療の減少もあり、今後も一定の市場規模は維持するとしても大きな成長は望みにくいと考えられます。一方、世界には現時点で国内の約14倍の市場規模が存在することが各種統計資料やデータからうかがえます。加えて、新興国をはじめとする各地域の経済成長や生活水準の向上を考えると、今後、海外における歯科医療の需要は飛躍的に拡大することが見込まれます。

当社は、このような事業環境を踏まえ、そして”創造的な企業活動を通じて世界の歯科医療に貢献する”という経営理念を実現すべく、これまで培ってきた国内事業の基盤を維持・強化しつつ、経営資源の配分を大きく海外にシフトし、海外事業の拡大を進めてまいります。そして、あらゆる部門・機能・人、ひいては経営全体のグローバル化を推し進め、「グループ売上高500億円(国内170億円・海外330億円)、グループ営業利益75億円(営業利益率15%)」を目指してまいります。

※ROE=自己資本利益率(Return On Equity)【当期純利益÷自己資本×100(%)】
当期純利益は、企業結合に関する会計基準等の適用後における「親会社株主に帰属する当期純利益」に該当します。
自己資本は、貸借対照表の「純資産の部」における「株主資本」と「その他の包括利益累計額」を合算した数値となります。

■ 目標達成のための重点課題

■ 重点課題の主な取り組み実績

第四次 中期経営計画(2021年度-2023年度)概要と目標達成のための重点課題

第四次 中期経営計画 最終年度(2024年3月期)目標指標

第四次中期経営計画では、目標達成に向けて、下記の重点課題に取り組んでまいります。

【研究開発】地域の需要・ニーズに適合した新製品の開発・投入
世界的視野に立った製品開発を基軸に据えながら、今後は世界各地の経済レベルや歯科医療の水準、インフラの整備状況なども考慮し、中間層・ボリュームゾーンをターゲットとした、地域に適合した製品開発を進めてまいります。また、将来的に新たな成長ドライバーとなりうる分野についても、積極的に研究開発を行ってまいります。
【研究開発】地域の需要・ニーズに適合した新製品の開発
【生産】コストダウン、生産拠点の再配置、海外生産の拡大
人工歯や研削材など、当社が競争力を有する分野において、一層のコストダウンによる価格競争力の向上を図ってまいります。
また、「国内生産グループ会社の有効活用」と「海外生産の拡大を含めた生産拠点の再配置」を、本社工場の生産能力の制約解消/生産コストの低減/為替変動の影響回避/高関税の回避/危険物・重量物の輸送コスト低減/デリバリーサービスの向上、などの観点から進めてまいります。
【生産】生産拠点の再配置、海外生産の拡大
【営業】販売網の拡充/販売拠点の整備/国内外学術ネットワークの構築
以下の取り組みにより、当社製品が最終顧客である歯科医療従事者にしっかりと認知されるための仕組みを構築してまいります。

○販売(代理店)網の拡充
海外各地域で当社製品が歯科医療関係者に認知されているか再評価を行い、必要に応じて代理店網の整備を進めてまいります。

○販売拠点の整備
海外事業の拡大に向けて、いくつかの国・地域で拠点設置を進めてまいります。

○国内外学術ネットワークの構築
各地の歯科医療関係者に影響力を持つ、地域のスタディーグループやキーオピニオンリーダーに対する製品紹介や情報提供活動を進め、ネットワークを構築してまいります。
【営業】販売(代理店)網の整備/販売拠点の整備/国内外学術ネットワークの構築
M&Aの推進
製品分野、地域ごとの事業戦略(セグメント・ストーリー)に基づき、研究開発、生産、販売における体制強化のための外部との連携、発展形としてのM&Aを積極的に進めてまいります。
グループガバナンス体制の強化
当社グループにおけるグループ会社の役割は年々大きくなっています。グループ会社の活動を、当社グループ全体の企業価値向上に繋げると同時に、そこで発生する可能性のあるさまざまなリスクをコントロールしていくための体制整備を進めてまいります。
三井化学株式会社、サンメディカル株式会社との業務提携
2020年5月に、三井化学株式会社及びサンメディカル株式会社との資本・業務提携契約を締結し、資本関係の強化も含め、これまで以上に強固な関係を構築しました。3社が有する有形・無形の資産を融合させ、3社提携の目的である「歯科事業におけるグローバルな競争力、事業価値の向上」をはかるとともに、当社グループの成長、企業価値の拡大につなげてまいります。

第四次 中期経営計画 (2021年度-2023年度) 初年度の振り返りと数値目標の修正

初年度(2021年度)の振り返り

(単位:億円、%)

計画 実績 対比(全額) 対比(率)
売上高 261 281 20 7.8
 国内売上高 136 135 △0 △0.4
 海外売上高 124 145 20 16.7
営業利益 17 32 14 78.8
 (営業利益率) (6.9%) (11.4%)    
ROE 4.0% 8.1%    

第四次中期経営計画の初年度にあたる2021年度業績は、同年度の中期経営計画に対して「増収・増益」となりました。
売上高は、国内で計画通り推移したことに加え、コロナ禍からの需要回復の取り込みに成功した海外で大きく売上を伸ばすことができた結果、20億円、7.8%の増収となりました。
営業利益は、依然として対面型の活動を中心に活動制限を受ける状況であったため、販売一般管理費が減少し、売上高の増収と相まって、14億円、78.8%の増益となりました。

■ 重点課題に対する主な取り組み進捗

  重点課題に対する主な取り組み実績
研究開発
  • デジタル歯科に対応した新製品の開発投入
  • 1本で各種被着体に対応できる歯科用象牙質接着剤「ビューティボンド Xtreme」の国内市場投入
生  産
  • ベトナム生産拠点の操業開始
営  業
  • UAEドバイに駐在員事務所開設、中東・アフリカ地域の市場調査及び情報収集、
    同地域を担当する販売グループ会社への支援等による営業活動の強化
グループ
ガバナンス
  • グループ会社における、各種規程の整備と、取締役会の運営体制見直し
第四次 中期経営計画 数値目標の修正について

第四次中期経営計画発表時点の前提条件に変化が生じているため、目標値を(上方)修正

第四次中期経営計画は、新型コロナウイルス感染症の影響を一定程度織り込んだ計画でしたが、以下のとおり、当初の前提条件に変化が生じているため、目標値を修正することにいたしました。

■ 目標値の見直し背景

〇底堅い歯科市場の需要
 …需要は、ほぼコロナ禍前の水準に回復
〇自社の取り組みの着実な進展
 …コロナ禍においても、平時と変わらず、国内外の歯科医療従事者の皆様に、製品を紹介し、お届けする体制を堅持

■ 売上高・海外売上高比率(単位:億円、%)

■ 営業利益・営業利益率(単位:億円、%)

上方修正した中期経営計画の修正目標を達成するとともに、長期ビジョン「500億円構想」の早期実現に向けて、スピード感をもって重点課題への取り組みを進めてまいります。

page top