生産・品質管理

先端システムのもとで人を重視した生産体制

品質管理 CEマーキング
 (ISO9001,ISO13485)
多品種にわたる製品の品質を保証できる生産体制を構築するためには、設備機器の高度化はもちろんのこと、オペレーターのスキルの向上が極めて重要となります。
松風は生産設備やシステムの自動化を進める一方で、オペレーターの技能向上に注力して万全のバックアップ体制を整えるほか、品質管理においても一人ひとりの目による管理を重視しています。


こうした日常的な取り組みが結実し、1997年にはEU(欧州連合)の「CEマーキング」の認証を取得。この認証は欧州での医療機器の流通に必要なMDD(医療機器指令)規格をクリアしたもので、国際的な品質マネジメントシステム「ISO9001」の要求事項を満たし、さらに医療機器に対する品質保証基準規格「ISO13485」に適合するものです。

松風は、日本の歯科業界において先駆けとなる品質マネジメント体制の構築のもと、世界の歯科医療に貢献する多くの製品を生み出しています。
page top